性交をすることはコミュニケーションとして行われることもある為、性交=妊娠が目的というわけではないでしょう。

その場合、注意しなければ妊娠してしまうこともある為、性交の際は避妊が必要になってきます。

また注意をしていても避妊に失敗してしまうこともあります。そんな時にアフターピルを飲んで妊娠を防ぐことができるのです。

海外では日本よりも進んだ性教育が行われている為、妊娠や避妊に対してある程度の知識を持っています。

アメリカでは15歳以上であればアフターピルの購入が可能です。

またアフターピルを購入が可能になることで若者の妊娠や中絶が減ることやいざという時の為に備えておくことも可能なのです。

多くの場合はコンドームの破損によりアフターピルを購入していると言います。

他にも万が一に備えてアフターピルを購入する女性やレイプの被害に遭った女性が誰にも知られずに購入することができるのです。

世界的にも「女性のお守り、モーニングアフターピル」という認識が強く世界保健機関(WHO)もアフターピルを推奨しているのです。

日本でもアフターピルを使って避妊をする女性が増えてきました。
普段はコンドームを使った避妊をしていても衝撃や摩擦によりゴムが破損してしまった時に使用する女性が多いようです。
コンドームの破損でアフターピルを頼る
アフターピルは日本の病院以外に通販で購入されています。中でも人気が高いのがアイピルです。

アイピルは世界でも有名なシプラ社というインドの会社が製造したアフターピルです。

シプラ社は品質・安全性・信頼性などどれをとっても高い評価がある製薬会社で、日本でもアイピルはジェネリック医薬品として認可がされているのです。

アイピルは日本国内だけでなく世界中から絶大な支持を受けているアフターピルなのです。