アフターピルは避妊に失敗してしまった時に使う最終避妊薬です。女性が服用することによって避妊ができます。アフターピルは女性ホルモンである黄体ホルモンを多く含んだお薬です。
黄体ホルモンを大量に摂取することで体にどのように作用し避妊をしてくれるのでしょうか。

じつは黄体ホルモンは女性が妊娠した時に多く分泌されるホルモンです。黄体ホルモンの働きは妊娠状態の維持です。黄体ホルモンが分泌されることで卵巣の働きをとめるため排卵がされなくなります。

アフターピルを服用することで妊娠時と同じ状況を作り出し、体を妊娠状態だと錯覚させるのです。
アフターピルの服用で妊娠時と錯覚を起こす
アフターピルを服用する前に卵子と精子が受精してしまっている可能性があります。妊娠は卵子と精子が受精し、受精卵となって厚くなった子宮内膜に着床することで妊娠が成立します。

アフターピルは受精卵が着床する前に厚くなった子宮内膜を剥がす効果があります。子宮内膜が剥がれることで生理が起こります。

じつは一般的な生理の正体も子宮内膜なのです。排卵日が近づくと卵胞ホルモンが体の膜を厚くし始めて、受精卵が着床しやすい環境をつくります。排卵日になると次は黄体ホルモンの働きを始めます。

黄体ホルモンには厚くなった膜を維持する効果があります。しかし、妊娠が行われなかった場合、黄体ホルモンが減少しはじめ、その時に生理が起こるのです。

アフターピルを服用して生理が起こるということは避妊が成功したという証です。服用後に起こる生理は通常の生理とは違いおりもののような少量の出血です。少量の出血が5日から長い人では2週間ほど続きます。このように避妊に成功した人は少量の出血が起こります。