アフターピルは性交渉後でも避妊ができる避妊薬で低用量ピルのように毎日服用しなくても良い点や、コンドームをつける手間がはぶけるので避妊にアフターピルを使う女性がいます。しかしそれはとても危険です。

確かに服用も容易ですぐに避妊ができるので便利ですが、アフターピルはホルモンのバランスを乱して排卵を遅らせるお薬なので頻繁な服用は体に負担が掛かります。また排卵日が定まらなくなり妊娠してしまうこともあるのです。

アフターピル自体が女性ホルモンである黄体ホルモンを含んだお薬の為、服用すると体に黄体ホルモンが増え女性ホルモンが偏り生理が起こります。1回の服用で元のホルモンバランスに戻るのに3ヶ月ほど時間が掛かってしまいます。

ホルモンバランスが整っていないと生理不順になってしまったり、体調が優れないなど女性の体に何らかの異常が見られます。ですのでアフターピルの服用頻度は数ヶ月ほど間を空けて使用したほうが良いでしょう。

女性ホルモンは黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類のホルモンの働きによって女性の健康を維持しています。2種類のホルモンは排卵周期によって交互に分泌され、卵胞ホルモンは生理後から排卵日の前に、黄体ホルモンは排卵日頃から生理前まで分泌されます。
アフターピルで避妊
排卵前になると卵胞ホルモンの影響で子宮内膜が厚くなり妊娠し易い体になっています。そこでアフターピルを服用すると黄体ホルモンが厚くなった子宮内膜を剥がして生理を誘発して受精卵の着床を防ぐのです。その影響で排卵日より生理が早く来てしまいます。

アフターピルを服用すると1週間ほど排卵日が遅れるので妊娠を回避するかわりに排卵日が遅れてしまうのです。